エアフィルターとクーラント液の交換

今日は、朝からVTRのフロントフォークをオーバーホールする予定でしたが、午前中は体調が悪くダウンしてました。

午後になって体調もなんとか回復し、作業を行おうと考えましたが、いろんな問題点を考えて、先ずは安全に出来るエアフィルターとクーラント液の交換、そしてフロントフォークのOH事前準備を行いました。

自宅の駐車場で作業するんですが、作業場となる場所が結構傾いているので、バイクの作業位置を調整しながらリアスタンドとフロアジャッキで固定(前輪は接地した状態)しておきます。

ここからガソリンタンクを取り外しますが、先ずはシートを外し、ガソリンタンクを固定している3本(前2本、後1本)のボルトを外します。もちろん燃料コックはOFFで作業しますよ。そして「燃料ホース」と「負圧ホース」を外し「ドレンホース」はそのままで引き抜くようにタンクを取り外します。

無事にガソリンタンクが取り外せました。

次に、クーラント液を入れ替える為に、2か所のドレンボルトを取り外します。ラジエターキャップを外すと、勢いよくクーラントが出てくるんで注意が必要です。

クーラント液を抜いてる間に、エアクリーナーボックスの蓋を外して、古いエアフィルターを取り外します。すっごい汚れてたので、新旧で比較してみました。

後は、購入しておいた新品のエアフィルターに交換してからエアクリーナーボックスの蓋を締めます。

いろいろメンテしようと思いまして、エアフィルターを交換する予定です。一緒にブラグやクーラント液も交換する予定です。 ホンダ純正 エアフィルター 17210...

クーラント液はリザーバータンクからも抜いておきます。タンクを取り外すのは面倒なので、ホースで吸い出します。あとはクーラント液を補充します。エア抜きはフロントフォークのOHが終わってから実施します。

次に、フロントフォークOHの事前準備として、以下の事を行いました。
●各部のボルト類を緩めておく
●ブレーキキャリパーを取り外し、紐で吊るしておきます。
●スピードメーターワイヤーの取り外す。
●フロントフェンダーを取り外す。
●アクスルナットを取り外す。
●アクスルホルダボルトを取り外す。

本日は、ここまで!

前日に、エアクリーナーエレメントとクーラント液の交換を実施し、残りの時間でフロントフォークのOH事前準備を行いました。 なので、本日はその続きから...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告